専門サービスが人気の理由

色の仕上がりに加え安さも

男の人と女の人

コピー本と呼ばれる、自前でコピー機を使って作成する方法が同人誌ではよく行われます。
しかし、最近では印刷所の専門サービスも人気です。
同人誌の最後のページには一般書籍と同様に奥付がありますが、ここにも印刷所の名前が記載されているケースが珍しくありません。
同人誌の作成で印刷所の利用が人気となっています。
その理由として挙げられるのが、フルカラー印刷が美しいという点です。
幅広い同人文化の中で、フルカラー印刷を必要とする同人誌も少なからず存在します。
例えばイラスト集や写真集、カタログと呼ばれるイベント情報が掲載された冊子などです。
専門サービスのフルカラー印刷ならば、出版物の内容に応じた、最適な用紙や加工を選択できるため、見栄えの良さという点でも人気です。
さらに、CMYKやRGBといったカラーモデルの違いに応じたフルカラー印刷を行ってくれる点もクリエイターに支持されています。
フルカラーの出版物は、自前で作成すると色の仕上がりが思ったものと違うというケースがありがちです。
しかし専門サービスならばフルカラー6色、さらにPP加工を施すといった仕上がりの美しさを追求できます。
さらに最近では同人誌印刷の価格もサービスの普及に伴って、リーズナブルな値段の所が多く、コスト面での魅力もやはり人気の一助となっています。
一般書籍や漫画と比べると少部数の発行が多いのが同人誌ですが、30冊や50冊といった部数でも同人誌印刷のサービスは利用が可能です。

様々なキャンペーンと協賛

ウーマン

同人活動をしていて、コピー本から卒業する頃にお世話になるのが、オフセット印刷です。
今では同人誌といえばフルカラーがあたりまえになっていますが、印刷所ではそれを支援すべく、安価なフルカラーのキャンペーンやフェアをおこなっています。
初心者の人は印刷会社のホームページを覗いてみましょう。
「フルカラーPP貼り、特別キャンペーン」、「オンデマンドフルカラー少部数歓迎」など、さまざまな文字が躍っていることでしょう。
繁忙期には繁忙期の閑散期にはそれに合わせたフェアを打ち出しますので、年中キャンペーンをやっていると考えてもかまわないほどです。
またイベント参加者なら知っているかも知れませんが、ビックイベントであっても、オンリーイベントのような小規模イベントでも、印刷所が協賛していることが多いです。
会場への同人誌の直接搬入を請け負ってくれたり、フルカラーや安価な印刷のフェアを告知したチラシを配ってたりします。
同人イベントは、このような方たちにも支えられておこなわれているということがよくわかります。
ビックサイトなどでおこなわれる同人イベントですと、印刷会社が直接スペースをとっていて、失敗しない原稿の描き方を教えてくれたり、キャンペーンやフェアの受付をしてくれるサービスもおこなわれています。
もちろん印刷会社にとっては営業の一環ではあるのですが、初心者やキャンペーンの詳細を知りたい人などにとっては、とてもありがたい催しになります。
昨今ではインターネットを使った情報収集が容易になっていますので、参加予定のイベントでの支援情報や、同人誌印刷所でのフルカラーフェアをチェックして、同人活動に役立てましょう。

オンライン入稿にも対応

CMYK

印刷技術が急速に進歩してきた近年では、フルカラーの同人誌や写真集を、20〜30部の小ロットから作成できるサービスが普及しています。
もちろん同人誌だけでなく、チラシやポスターをはじめ、イベント用の印刷物や販促グッズなども、手軽にフルカラーで作れるようになっています。
多くの印刷所では、フルカラー同人誌のオンライン入稿に対応しています。
締切日さえ守れば、見積から入稿まですべてオンライン上でできるため、時間や交通費の節約になります。
急ぎの場合は印刷所に相談してみると良いでしょう。
特別に忙しい時期でなければ、対応してもらえる場合があります。
用紙やレイアウトなどを特別な仕様にするときは、原稿を店頭に持ち込んで入稿することができます。
細かい要望がある場合にも、実物サンプルを見ながら打ち合わせができるので便利です。
ただし繁忙期には十分な時間が取れない可能性があるので、予約しておくことをお勧めします。
このほか遠隔地の方は、郵送で入稿する方法も利用できます。
できあがったフルカラー同人誌は、指定すればイベント会場へ届けてもらうこともできます。
宅配便を利用する場合と、印刷会社が直接配達する場合があります。
もちろん自宅や書店など、複数の場所を宛先にすることも可能です。
宛先の場所や数によって送料が異なる場合もあるので、事前に確認しておくことが大切です。
そのほか疑問点があるときは、遠慮せずに問い合わせてください。