表紙も本文も鮮やかに

自分に合ったプラン

冊子

同人誌の表紙をフルカラーで印刷する方法が人気となっています。
本の表紙がフルカラーだと見た目が華やかになり、手に取ってもらいやすくなります。
そのため、多くの印刷会社では同人誌の印刷セットプランとして、フルカラー表紙のセットが用意されています。
また、印刷会社を選ぶ際の基準としては、自分が作りたい同人誌の発行部数や予算と印刷会社のプランがあっているか、イベントまでの期日が間に合うかなどが重要です。
原稿をアナログで制作されている方の場合は、入稿が締め切り直前になってしまった場合を考えて、自宅の近所にある印刷会社を選ぶ方もいます。
また、表紙だけではなく本文も含めて全てフルカラーで印刷するプランもあり人気です。
表紙に使う紙も特殊紙を使用したり箔押し加工などを行うことが出来ます。
フルカラーを検討されている方は、タイトル部分の文字入れなども含めてどのような表紙が制作可能であるかを調べて自分にあった会社を選びます。
また、自分のサークルのスペースに飾るディスプレイ用のポスターやグッズなどもフルカラーで印刷することが可能です。
特に遠くからサークルのスペースの様子を見ても、フルカラーのポスターやグッズが飾ってあると目立ちやすくなります。
フルカラー印刷の入稿方法は、通常の入稿方法と同じで、アナログ原稿でもデジタル原稿でも入稿することが出来ます。
そのため、イベントに合わせて同人誌を発行する場合、早めに入稿をすれば割引となるプランもありとても便利です。
現在では、利用者も増えており、人気となっています。
また、完成した同人誌をイベント会場まで直接搬入してくれるプランもあります。
なので、印刷会社に依頼する際、参加するイベントの日にちに合わせて入稿することができます。

色校正サービスの利用

色見本

同人誌のフルカラー印刷を業者に依頼する場合、まずはカラー原稿を用意しなければなりません。
カラー原稿は基本的に、業者が用意したテンプレートを使い、指定形式に合わせて用意する必要があります。
そうしなければ、せっかく美しいカラー原稿を描いても、印刷時に半端な余白ができたり、異なる色合いになったりすることがあるからです。
カラー原稿が完成したら、データ化して専用のアップローダーなどを使って業者に渡します。
業者によっては、USBメモリやCD-Rにデータを入れて郵送するという方法での入稿も可能となっています。
その後フルカラー印刷が開始され、完了したら製本作業が行われます。
そして完成した同人誌が、依頼主の希望する場所に納品されることになるのです。
しかし中には同人誌の完成前に、印刷の状態をチェックしたいという人もいます。
そのような場合は、フルカラー印刷の色校正サービスを行っている業者に依頼すると、細かくチェックできます。
具体的には、まずは1部のみ印刷され、それが指定住所に送られてきます。
それを見れば、自分の希望する色合いとなっているかどうかが分かるのです。
問題がなかった場合は、改めて必要部数だけ印刷されますし、それを綴じることで同人誌が作られます。
気になる箇所があった場合は、希望を伝えることで色調補正と再度のフルカラー印刷が行われます。
これを繰り返すことで、希望と一致する同人誌が仕上がることになるのです。

イラスト集にオススメ

男の人

イベント販売用に印刷会社を通して同人グッズを作る際にフルカラーを希望する場合にオススメなのがイラスト集やコスプレの写真集です。
通常、同人誌の注文であれば表紙をカラー、本文はモノクロが定番ですが、フルカラーは表紙も本文も含めてカラー印刷になります。
印刷にはオフセットとオンデマンドの二種類を選ぶことが可能であり、それぞれの特徴は大きく異なります。
まず、オフセットは綺麗な仕上がりを重視したい方にオススメで、大量に発注する際に単価が安くなる特徴があります。
特にグラデーションが多いイラストや、色を最大限に出したい場合に向いています。
次にオンデマンドはオフセットとは異なり、少ない部数からでも発注が行える特徴と仕上がりまでの納期が早く翌日に必要な場合にも間に合います。
ただし大量にフルカラーをオンデマンドで印刷すると、オフセットの方が割安の場合もあるので、必ず発注前に比較しておきましょう。
部数での価格変動も重要なポイントですが、同人グッズに求める質を自分で判断することが重要です。
フルカラーだからこそ、色味を追求して徹底的に拘るのであればオフセット、納期の早さを重視であればオンデマンドが最適です。
その他にも仕上がりの製本の違いとして無線綴じと中綴じがあります。
中綴じは主にホチキスで製本する方法でページ数の少ない同人誌に向いており、無線綴じは専用の糊で接着する綴じ方でページ数が多くても対応できます。
印刷会社によってはページ数次第で対応する綴じ方が変わるので、発注前に確認しておきましょう。